オンデマンド・ウェビナー「コロナ禍で変わるブランドセーフティとブランド適合性」

新型コロナに関する最新調査結果から、今求められるブランドセーフティを解説

2020年06月02日 By IAS Japan Team

コロナ禍におけるブランドセーフティと適合性について考えるカジュアルなウェビナーを、オンデマンドで!

 

「新型コロナウイルスの状況下で、デジタル広告戦略をどう変化させていくべき?」
「ユーザーのオンライン行動に合わせて広告を打ちたいけど、コロナの影響でどう変化している?」
そんなお悩みをお持ちの方にぜひ参加いただきたい無料ウェビナーをオンデマンドで公開!

GumGum と IAS の社員が、コロナ禍における消費者行動の変化、ブランドリスクと適合性の考え方について解説します。

  • テーマ:
    コロナ禍で変わるブランドセーフティとブランド適合性
  • スピーカー:
    土居 博通 (Hiromichi Doi) GumGum Japan Account Executive
    長谷川 弥(Wataru Hasegawa) IAS Japan Account Executive
  • AGENDA:
    ・オープニング
    ・コロナ禍での企業の広告出稿状況はどうなっているか?
    ・コロナ禍での企業の広告について変化は見られましたか?
    ・コロナ禍でのユーザーのコンテンツ閲覧の変化はありましたか?
    ・ユーザーの広告に対してのイメージはどうでしょうか?
    ・コロナ禍を広告主・代理店としての対応策は?
    ・Q&A

 

※このウェビナーは2020年5月28日に開催されました

ウェビナーを無料視聴