ブランドセーフティから適合性へ、ギアをシフトせよ!

2020年03月12日 By IAS Japan Team

アドベリフィケーションはデジタル広告で発生する事象のうち、主にこれら3つの発生を計測・確認し、配信をコントロールするテクノロジーです。

  • 視認可能な状態で配信されていたか(ビューアビリティ)
  • ボットではなく人に見られていたか(アドフラウド)
  • ブランド価値を損ねるコンテンツ環境に配信されていないか(ブランドセーフティ)

日本では、この3つのうちブランドセーフティに最も高い関心が寄せられています。ブランドセーフティばかりを重視して広告配信をコントロールした結果、ビューアビリティとアドフラウドは世界最低レベルに落ち込んでしまうといった笑えない現象も発生しています。

2019年にIASが行った調査『脳科学から見るブランド認知~広告閲覧環境にけるハロー効果とブランド好感度への影響に関する調査レポート~』では、ブランドセーフティを脳神経学的見地から分析。驚くべき事実を発見しました。続いて実施したアンケート調査では、デジタル広告が表示されるコンテンツ環境が、広告へのエンゲージメントを左右するだけでなく、ブランドの購買意欲にも大きく影響することが判明しました。

 

なぜブランドセーフティでリスクを削減するだけでなく、ブランド適合性へのシフトが必要なのか?
調査から分かったいくつかのポイントをまとめたインフォグラフィックとともに、追加調査の結果をまとめたレポート『波紋効果~コンテンツの品質が消費者の広告認知に与える影響に関する調査レポート』をダウンロードして理由をご自身でご確認ください。

ブランドセーフティからブランド適合性へ、ギアをシフトせよ!

『波紋効果』調査レポートをダウンロード