2019年下半期 メディアクオリティ レポート公開!

2020年04月01日 By IAS Japan Team
MQR s1 2019

最新のメディア品質指標とインサイト

Integral Ad Scienceでは、世界中で毎日1兆超のメディア指標を計測しています。 私たちのテクノロジーのスケールは、メディア品質の変化をリアルタイムに捕捉することを可能にします。 メディアクオリティレポートでは、IASのデータベースに蓄積された膨大なデータをもとに、デジタル広告のバイヤーとセラー双方が広告キャンペーンや在庫品質を向上させるためのベンチマークを提供します。

プレミアムコンテンツとユーザー生成コンテンツ(UGC)が過去にないスピードで増大を続けるなか、デジタル広告業界ではメディア品質の検証と保護の重要性がますます高まっています。 コンテンツブームはブランドと消費者とのエンゲージメント機会を増やすと同時に、ブランドのイメージやメッセージに適した環境で実際の人間にメッセージを見てもらうことが新たな課題として浮上しています。 2020 Industry Pulse レポートでは、日本のデジタル広告関係者の85%が「メディア全体の品質を改善するために、デジタル広告の検証ソリューションがより重要になる」と答えました。 ブランドセーフティ、アドフラウド、ビューアビリティ、そのほかの広告検証指標は、メディア品質の向上に欠かせません。

最新のメディアクオリティ レポートは、2019年下半期に世界中で計測した膨大なインプレッションから、ビューアビリティ、ブランドリスク、アドフラウド、タイムインビュー指標の、対象10か国の国別平均とグローバル平均をご確認いただけます。

レポートをダウンロードして、貴社のデジタル広告戦略にお役立てください。

レポートを無料ダウンロード