ブランドセーフティと適合性の業界スタンダード策定に向けて

IASはGARM(Global Alliance for Responsible Media)とともにブランドセーフティと適合性の業界基準策定に取り組んでいます

2021年01月21日 By IAS Japan Team

社会正義のための活動や政治的な話題、世界的なパンデミックなど、デジタルの世界、特にユーザー生成コンテンツは広告の配信先としての複雑性が増しています。私たち IAS は、アドベリフィケーション・プロバイダーには、ブランドリスクを評価し、ブランドセーフティと適合性に関する信頼性の高い基準を確立する責任があると考えています。そのため、IASは、Global Alliance for Responsible Media (広告主・メディア・ハイテク企業などで構成される,インターネット上の安全基準団体、GARM)のBrand Safety Floor と Brand Suitability Framework の開発と実装に積極的な役割を果たしてきました。

4A(米国広告業協会)の Advertising Protection Bureau(広告保護局、APB)と World Federation of Advertisers(世界広告主連盟、WFA)のGARMは、業界初の標準を策定しました。業界全体の協力が重要であることを理解した上で、基準策定には業界全体の協力が不可欠であると判断した4Aは、GARM のブランドセーフティのカテゴリ分類法の定義と策定を支援するために、IAS を含む業界のリーダーを招集しました。

ブランドセーフティと適合性の推進をリードする立場として、IAS は、ブランドセーフティ・ソリューションを GARM の原則に沿ったものにするための取り組みを行っています。私たちは、GARM によって特定されたカテゴリーに適切に対応するために、現在のカテゴリー化の枠組みを適応させるための措置を講じています。さらに、IAS は、業界のリーダーと協力して、このフレームワークの詳細な仕様を定義し、開発する一方で、当社をリードするブランドセーフティと適合性の提供を継続的にサポートしています。私たちは、このフレームワークが業界に与えるプラスの影響を認識しており、その成功に積極的に貢献しています。

Publicis のような業界のリーダーもまた、業界全体でこれらの基準を定義するための作業を行う上で重要な役割を果たしています。

「私たちには、広告主と消費者を保護する責任があります。4AとGARMのフレームワークは、広告エコシステムのあらゆる側面が結集するための、より一貫性のあるパラメータとポリシーのための必要なビルディングブロックとしての役割を果たしてきました」と、Publicis Media Exchange のデジタルスタンダード担当ディレクター、エミリー・ヒーリーは述べています。「ブランドの安全性と適合性に効果的に取り組むためには、すべての業界関係者が協力してこれらのフレームワークを遵守することが不可欠です。これらの基準をサポートすることで、業界により大きな説明責任と透明性を提供しようと努力している中で、IAS のような企業とパートナーシップを組んで取り組めることは、私たちにとっても幸運です。」

IAS は、GARM フレームワークにコミットしており、実装と採用を成功させるために業界と協力していきます。

 

ブランドセーフティと適合性ソリューション に関する詳細や、その他のアドベリフィケーション対策について、営業担当より詳しいご説明をご希望の方はお問い合わせフォームよりお気軽にお問合せください。


※この記事は英語版Insiderに掲載の「IAS and the GARM Brand Safety Floor and Suitability Framework」をもとに、IAS Insider Japan編集チームが翻訳、編集しました。