Google DV360での広告計測とターゲティングを「自動タグ」で効率化

煩雑なタグラッピング作業を自動化し、キャンペーン開始までの時間を短縮、ヒューマンエラーも削減

2020年10月26日 By IAS Japan Team
google dv360 integration

ブランド価値毀損リスクがなく、ブランドメッセージとの関連性の高い配信面で広告メッセージを届けることは、キャンペーン結果を大きく左右する重要な要素です。これはデジタルに限ったことではありません。IAS が行った調査によると、ブランドメッセージとの関連性の高いコンテンツ環境でユーザーとエンゲージメントすることによって、広告インプレッションとブランド認知の両方が増加することが分かっています。

ブランドに適した環境で広告メッセージを届けることが重要

長年にわたり、IASをご利用いただいているクライアントの皆様は Display & Video 360 (DV360)内の IAS 入札前セグメントを活用してアドフラウド防止、ビューアビリティ最適化、そしてブランドセーフティを実現してきました。しかし、タグラッピングと呼ばれる計測や最適化のための設定は非常に煩雑で、時間も手間もかかるのが運用担当者の悩みの種でした。

IASは新たにGoogle と連携し、 Context Control とDV360のサービス統合を実現しました。この連携により、「自動タグ(Automated Tag)」が利用できるようになり、より少ない労力と短い準備期間でブランド適合性の観点からキャンペーンを最適化し、デジタル広告のパフォーマンス目標を達成できるようになりました。DV360上で機能を有効化すると、IAS のコンテキストセグメントが自動的にブランド適合性を判断し、基準を満たさないコンテンツをフィルタリングできるようになります。

いかにより効率よく、関連性の高いコンテンツ環境で顧客とのエンゲージメントを高めるかは、すべてのマーケターに共通する課題です。しかし、真の課題はどうやってそれを実現するかにあります。 IAS の入札前フィルタリングオプションを利用することで、より確実にブランドに適した環境で広告メッセージをターゲットに届けることができるようになります。

ブランドセーフティを実現することでデジタル広告投資に確信を

リーチの規模を犠牲にすることなく、高品質なコンテンツ環境でメッセージをターゲットに届けることは非常に重要です。そのことに確信をもってキャンペーンを実施できれば、マーケターにとって非常に心強いことです。

広告掲載面のブランドセーフティを実現するためには、入札前ブランドセーフティ・ターゲティング機能とあわせて、適合性ソリューション Context Control の活用が有効です。D360 と連携した Context Control は、様々な業界に対応した100以上のブランドリスク カテゴリを提供しているだけでなく、セマンティック技術を活用し、オンラインコンテンツの情緒や感情まで分析してブランド適合性を判断できる、IASの最新ソリューションです。ブランドセーフティへの単純なカテゴリ分類と比較して、リーチのスケールを犠牲にすることなく、広告が表示されるコンテンツ環境をコントロールすることができます。

第三者計測を自動化

さらに、Campaign Managerを使用してDV360上でキャンペーンを実行している広告主は、自動化された第三者検証が利用できます。IASの自動タグ(Automated Tag)ソリューションは、Campaign ManagerでIASの検証を有効にするための設定にかかる時間や手間を大幅に削減しました。Campaign Manager上で検証をオンにすると、配信されたプレースメントに自動的にIASの検証が追加され、タグがラッピングされた状態でクリエイティブがDV360に同期されます。タグラッピングのプロセスが自動化されることで、キャンペーン開始までの時間を大幅に短縮できるだけでなく、ヒューマンエラーによるミスの発生を防ぐことができます。また、再入稿することなくモニタリングとブロッキングを簡単に切り替えたり、検証タグの有効化・無効化を行うことができます。

さらに、Campaign Manager上でIASによってブロックされたインプレッション数を直接確認できるようにもなりました。キャンペーン設定のための手間が削減され、キャンペーン最適化に必要な情報に一か所でアクセスできるため、マーケティング担当者は本来の業務であるキャンペーン戦略の立案や、目標達成のための最適化に集中できます。

 

DV360で利用可能なIASの自動タグ(Automated Tag)の概要資料を無料でダウンロードいただけます。ページ下部のフォームに必要事項を記入し、「送信する」ボタンをクリックしてください。
自動タグに関する詳細や、その他のアドベリフィケーション対策について、営業担当より詳しいご説明をご希望の方はお問い合わせフォームよりお気軽にお問合せください。

資料をダウンロード