コンバージョン向上に貢献するビューアビリティとは?

オンラインコンバージョン活用事例:ビューアブルなインプレッションが コンバージョンを増加させる

2019年12月03日 By IAS Japan Team

IASは、GroupMスカンジナビアと共同で、トヨタ自動車、ラディソンホテル、KvikキッチンがIASのソリューション「オンラインコンバ―ショ リフト(OCL)」を利用し、デジタルキャンペーンのROI(費用対効果)向上を達成した活用事例を公開しました。
オンラインコンバ―ションリフトは、デジタルキャンペーンを分析することで、キャンペーンの無駄を削減し、効果を最適化するために必要な具体的なアクションを導き出すためのデータを提供する、IASの最新ソリューションです。本ケーススタディは、ラディソンホテル、トヨタ自動車、Kvikキッチンに提供されたOCLの実践的知見の有効性を検証するもので、広告が見られている(ビューアブルである)ことが、その他のデジタル広告指標とともに売り上げにもたらすインパクトについて分析しています。今回の事例調査を通じて、ビューアブルなインプレッション、露出頻度、タイムインビュー(蓄積閲覧時間)がコンバージョンと売り上げに大きく貢献することが証明されました。

 

>> プレスリリースはこちら

 

今回の調査では、以下の3点を検証しました:

  1. コンバージョンを向上させるのに最適な広告露出時間は?
  2. KPI達成に最も最適なフリーケンシー(露出頻度)は?
  3. 広告枠を最適化してキャンペーンの成果を高めることは可能か?

詳しい結果は事例集を無料ダウンロードしてご確認ください。

事例集を無料ダウンロード