IASの最新ブランドセーフティ&適合性のソリューション スイート『Context Control』

広告配信面のブランド適合性を特許取得済みセマンティック技術で詳細に解析

2020年08月25日 By IAS Japan Team
brand safety solutions

より一層複雑化する今日のデジタル広告業界において、広告掲載面のブランド棄損リスクをゼロイチで判断する二項対立的なブランドセーフティ対策よりも、ブランドコンテキスト的に適切かどうかをより柔軟に判断する対策が求められています。IASは、こうした広告主のニーズに応える最新のブランドセーフティ&適合性ソリューション スイート「Context Control」をリリースしました

Context Controlに用いられているIASの特許取得済みセマンティック技術は、類似の製品と比較して42%正確性が高いことが証明されていますOzone Project 調べ)。この正確なターゲティングの力により、Webページなどのオンラインコンテンツの文脈や感情、情緒を分析し、ブランドイメージにそぐわないコンテンツを避け、適合性の高いコンテンツにのみ広告を配信することができます。また、一般的な除外リストの活用と比較して、ブランド毀損リスクを最小限にしながら配信ボリュームを確保することが可能です。

 

Context Controlでできること:

  • 機会学習を用いたページレベル分析と、特許取得済みのセマンティック技術、そして専任の言語学者による正確で精度の高いターゲティングを実現
  • センチメント(情緒)とエモーション(感情)分析により、デジタルコンテンツのセンチメントを検出し、関連する感情を同時に識別することができる唯一のソリューション
  • 入札前フィルタリングと配信ブロックにより、ブランドがあらかじめ設定した基準に満たない不適切なコンテンツへの広告配信をコントロール
  • 40言語、多様なデバイス環境に対応
  • パブリッシャー向けのソリューションにも対応。広告主向けにコンテキストに沿ったコンテンツをパッケージ化することで、インプレッションの適切な収益化をサポート

 

広告配信においてコンテキストが重要な理由:

消費者のネット利用実態と広告受容について、新型コロナウイルスに関するコンテンツに広告を表示した場合を調べると、ポジティブなコンテンツに表示した広告の企業へ好感度が下がると回答したのは12%だったのに対し、ネガティブなコンテンツでは22%が好感度が下がると回答しました。(調査レポート『新型コロナウイルスがデジタル広告配信環境に与える影響』より)

広告がどのようなコンテンツに表示されるかはとても重要です

また、34%が低品質なコンテンツに広告が表示されると好感度が下がると回答しただけでなく、65%が対象ブランドの使用をやめると回答しています。広告の掲載環境の品質は、消費者行動にも影響を与えるのです。まさらには、66%が広告がどこに表示されるかを管理する責任は広告主にあると考えています。(調査レポート『波紋効果~コンテンツの品質が消費者の広告認知に与える影響に関する調査レポート』より)

これらのことから、広告を表示するコンテンツの文脈やコンテンツがポジティブかネガティブかといった感情も解析した上で広告配信を行うことが重要であることが分かります。

マーケターへのメッセージ

IASの最高マーケティング責任者CMO、Tony Marlowは、マーケターに向けて次のようなメッセージを発信しています。

「マーケティング担当者はデジタルキャンペーンに寄与する高品質で最も効果的なインプレッションを特定するために、競合とのゼロサムゲームにさらされています。IAS のContext Control は、ブランドやキャンペーンのコンテキストを正しく理解して活用することで、競争力を高めたいと願う広告主をサポートします。」

 

Context Control の概要資料を無料でダウンロードいただけます。ページ下部のフォームに必要事項を記入して送信してください。
また、Context Control に関する詳細や、その他のアドベリフィケーション対策について、営業担当より詳しいご説明をご希望の方はお問い合わせフォームよりお気軽にお問合せください。

資料をダウンロード