デジタル広告に信頼と透明性を

IASはGoogle Measurement Partnerです

2019年02月21日 By Rossmary Gil

IASは、デジタル・エコシステムに透明性をもたらし、企業やブランドのデジタル投資を守り、ブランド価値を成長させるサポートを提供できるパートナーとなることをゴールの一つに掲げて活動しています。デジタルインプレッションを正確に計測することは、デジタルエコシステムの透明性の基本中の基本です。

IASは2018年7月より、Google Measurement Programのブランドセーフティとビューアビリティの両分野において優先パートナーに選出されており、Googleが私たちと同じゴールを共有していること、私たちの技術と取り組みを評価したことは、業界全体にとっても意味のあることだと自負しています。
(Google Measurement Partnerの詳細はこちら

 

Google Measurement Programとは

このプログラムでは、マーケターにとって重要なKPIの計測を信頼できる方法で行なっていると認められた23のパートナーが選出されています。この中には、業界で古くからこの取り組みに向き合ってきた企業もあれば、新しい顔ぶれもいます。IASはビューアビリティとブランドセーフティの両方で認定を受けています。他にはリーチ、ブランドリフト、セールスリフト、アプリのアトリビューション、マーケティングミックスのモデル化などのKPI計測において優れた企業が選出されました。これらの企業はMeasurement Partnersとして、デジタルエコシステムに信頼と透明性をもたらすための最良の第三者ソリューションを提供しています。IASは常に、デジタルエコシステムに信頼と透明性をもたらすことをゴールとしており、Googleと共通のゴールを共有できることを喜ばしく思っています。

 

「何が正しいか、決めるのはみなさん一人ひとりです」

Google Measurement Partnersを紹介する基調講演で、Google Marketing PlatformのプロダクトマネジメントダイレクターPayam Shodjaiはこのようにコメントしました。

マーケターがビジネスを推進し、デジタル投資を保護するために、何をKPIとして設定しどう計測するのか。多様な選択肢の中からそれぞれのブランドの基準に見合ったソリューションを選べることはとても重要です。IASのソリューションが、厳しい基準を設定している世界のトップ広告主にとって、安心て選べる選択肢の一つとして認められたことを喜ばしく思います。IASはこれからも、Googleをはじめ、デジタル業界団体およびベリフィケーション業界の各プレイヤーとともに、デジタル化をより一層推し進めていきます。

 

YouTubeのブランドセーフティにおけるGoogleとのパートナーシップ

Measurement Partnerへの選出は、IASがGoogleと取り組んできたブランドセーフティの取り組みの一つの結果です。IASは、2017年からGoogleと協業し、YouTubeのブランドセーフティ課題の解決に向けて第三者計測を提供する取り組みを実施してきました。2018年末まで実施されたベータプログラムには90を超すブランドが参加。YouTubeキャンペーンでのブランドセーフティのモニタリングを実施し、キャンペーンの最適化に役立てていただきました。
この取り組みは2018年12月に正式にリリースされ、本日時点までに多くのブランドからお問い合わせ、導入をいただいています。

 

IASのYouTubeブランドセーフティについての詳しい資料はこちらから無料でダウンロードいただけます。

 

関連リンク:プレスリリース
IASがYouTube ブランドセーフティ機能を 広告主向けにリリース 〜新サービスでデジタル・エコシステムにおけるブランド毀損リスクを軽減


※この記事は英語版Insiderに掲載の「Achieving trust and transparency as a Google Measurement Partner」を元に、IAS Insider Japan編集チームが翻訳、編集しました。